スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッツェンベルガー リースリング・ブリュト(ゼクト) 2007

ドイツリースリングの泡、ゼクトを飲んでみた。

0718-9.jpg

ラッツェンベルガー  リースリング・ブリュト(ゼクト)2007
ミッテルライン・バッハラッヒャー村
リースリング100%  alc.13%


薄いイエロー。

青リンゴ、蜜、白い花の香り。

優しい泡、ほどよい酸味と苦味に清涼感がある。
口の中に果実味がふくらみ、ほのかな蜂蜜の余韻が長い。

冷やして飲むと美味しい。
今の季節にもピッタリな泡だと思う。

モレ・サン・ドニの試飲

先日、モレ・サン・ドニを4種試飲しました。



2010 の村名。村名と言えども、今一番飲んで美味しいのはこちら。




ポンソの2008は、かなり酸があります。独特の個性もありますが、今回一番私の好みなのはこちらでした。
やはり酸が好き♪


後の2本は、早過ぎ。今飲むべきではないし、かなりキツいです。



さすが2009です。パワー全開です。これはかなり寝かせて熟成させる必要があります。凝縮感がすごいです。




こちらもかなりのパワー。2008と言えども、しっかりしているし、こちらも長熟タイプ。今飲んでわかるのは、ポテンシャルだけ。


モレ・サン・ドニって、どうもはっきりとした特徴をつかむのが難しいです。消去方じゃないとわからないです。力強く華やかだとは思いますが、ジュヴレ・シャンベルタン程の華はないな…とか。そんな印象なんです。それでも好きなワインではあります。

飲んで飲んで、飲みまくれば、わかるようになるのかなぁ…

AUXEY-DURESSES 2008 Agnes Paquet

ブルゴーニュの女性の造り手のワイン。


0721-1.jpg

AUXEY-DURESSES 2008 Agnes Paquet
Alc.13%

中位のイエロー。

洋梨やマンゴー、蜜のような香り。

味わいは、果実味がタップリ。酸もしっかりとして好ましく、苦味もある。
余韻にキャラメルや蜂蜜。

時間が経つと、酸味が立ち、若さゆえのキツさも気になってきてしまった。
これは、翌日にキャリー。

翌日は全体的に少しまろやかになった。余韻の蜜が長く、ふくらみのあるワイン。


0721-2.jpg

Agnes Paquetもお勧めの造り手。酸がしっかりとしたふくらみのあるワイン。
そして品がある。

私は、女性の造り手とは相性が良いようだ。

ピュリニー・モンラッシェ 1999  Potinet Ampeau

前回のシャサーニュと飲み比べしたピュリニー・モンラッシェ。

0718-2.jpg

ピュリニー・モンラッシェ 1999  Potinet Ampeau
alc.13.5%


中程度のゴールド。

少し納屋っぽいような藁のような香り。べっこう飴や白い花。

かなりしっかりした果実味があり、まだまだフレッシュで若い。
余韻のフレッシュな甘味もしっかりある。

印象的なのが、アタックの酸。苦味は弱いのだが、アフターに出てくる。
このワインの特徴は、酸と甘味。

1.5hで少し開いてきたが、まだまだ硬いのでお店に無理を言って
翌日に持ち越させてもらった。

2日目は、果実味がグッと落ちて古酒っぽくなった。
そうそう、これよ、これ!!
余韻にキャラメルのような甘さが長く続く。ピュリニーらしい酸の強さもしっかり。
これは、絶対に2日目の方が好み。

ただ、若いものが好きな人、古酒はあんまりっていう人には
初日の方が美味しくて、2日目は落ちてしまったように感じると思う。
私にとっては、この落ちたような古酒の味がワインの醍醐味なのだ。

シャサーニュとピュリニーの違い?
造り手もVTも違うので、比べること自体が間違っていたのだと思う。
しかも、シャサーニュの方の造り手はかなりしっかりしていたので。。。
アンポーが可哀想だったようだ(泣)
それでも、私はアンポーの2日目がとても好みだった。
なんて貧しい舌なんだろうと思うが、これが私の感覚なのだから仕方がない。

アンポーは好きな造り手。アンポー、集めたくなってしまうなぁ。

使徒のブルネロを試飲

かの有名なワイン漫画の使徒になったブルネロを試飲しました。





ブルネロって、最近は濃く感じてしまって量を飲めなくなりました。

昨年の春には、こんな濃いワインが飲めるか!!とブチ切れて、流しに捨てたことがあります

しかしこちらのブルネロは、ブルゴーニュのピノ・ノワールを思わせる造り。造り手は、かなりブルゴーニュを意識しているのだそうです。自分の中での、今までのブルネロの常識を覆されました。

2004は若すぎて硬いです。まだまだ飲み頃ではなく、今開けるのは失礼な程。一方1997は、飲み頃に入っています。上品で落ち着きがあります。今飲んで美味しい状態だと思います、一般的には。しかし、私ならもっともっと寝かせたいところ。まだまだパワーがあります。



いや~、使徒に選ばれるだけあって、すごいワインです。しかし今の私には、量はあまり飲めないかも…。上品だけど、ガツン系です。(私には、ですが)



本と一緒に、パチリ
プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。