スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南仏のモンラッシェ

かなり前に飲んでアップしていない
記事がたまっています。
忘れる前に、備忘録を残しておかないと、という訳でかなり前のワインです。

photo:01



ヴィノスやまざきで試飲した時に

気に入って購入した白ワイン

photo:02



濃い黄金色

熟した白桃やトロピカルフルーツの香

香りは非常にふくよかで

どんどん広がります

味わいは深みのある果実味

何よりもコクと厚みが素晴らしく

蜜のような凝縮した味わい

それでいてただ甘いのではなく

上品な酸味が引き締めます

余韻がこれまた非常に長い

ブラインドだったら、ラングドック

とは思わないでしょう

こんなモンラッシェのような白は

ブルゴーニュグラスで

photo:03



魚のグリルに葱のホワイトソースを

かけて

厚みとコクのある白には

ホワイトソースがお似合いです


iPhoneからの投稿

ハーフボトルワイン

最近、食べ物ブログみたいになっていますが、ちゃんとハンドメイドもやっていますよ~ガーン


先日のカルトナージュ教室の作品の写真を撮ろうとしたのですが、


夜って綺麗に撮れませんね。昼間家にいる時に写真撮ってアップします。



そしてまた食べ物の話題です。


私は本当にワインが好きなんです。食事の無いワインはあっても、ワインの無い食事はない!


と思います。でも体のことを考えて、そうそう飲んでもいられません。


どーしてもちょこっと飲みたい、時にはハーフサイズのワインを飲みます。


でも、いきなり飲みたくなることが多いので、なかなかいいワインが手に入りません。


そんな中で、美味しかったハーフボトルワインです。



Le tresor de l'ange



シャトーヌフ・デュ・パプ 2006 です。このワイン、近所のスーパーで仕事の帰りに購入して


すぐに飲んだのですが、味がこなれていて美味しかったです。


ハーフボトルのローヌ、2006年、なので熟成感がありました。果実味、スパイシー感と一緒になって


「こなれている」という表現がピッタリでした。私は基本ローヌ地方のワインが一番好きなのですが、


このワインは、なかなか好みのタイプでした。いきなり近所のスーパーで買って帰ったにしては、


満足度大でした。



そして、風邪で鼻の詰まったこの間の土曜日。どうしても飲みたいけれども、味がわからないから


いいワインを開けてしまうのもね~ショック! ちょうど広尾に出かけたので、エノテカ広尾店でサラリと飲める


ハーフワインを購入。



Le tresor de l'ange


SILENI 2009 ニュージーランドのピノ・ノワールです。


こちらはフルボトルのもので何度も飲んだことがあります。


果実味もタップリ、でも繊細。ブルゴーニュほどの気難しさはないけれど、


カリフォルニアのような陽気すぎるワインでもありません。


気楽に美味しく飲めるワインですね。鼻詰まりにもピッタリ♪か、どうかはわかりませんが。



ちょこっと飲みたい時の為に、ハーフを揃えておきたいな~と思います。でも、先日エノテカから届いたワイン


もフルボトル。。。



Le tresor de l'ange



ボーリングのピンではありません。。。アタクシが一人で楽しむ為のものですの。ウシシシにひひ





本日のエンゲルさん。



Le tresor de l'ange



何で口が半開きなのかと言うと、オヤツをあげると取られまい!とオヤツをくわえて逃げ回るのです。


誰もエンゲルのオヤツなんて取らないよ~。しかもエンゲルがくわえたオヤツなんて。。。



Le tresor de l'ange



何でオヤツ取られると思うんでしょうね~はてなマーク もちろん、私は一度も取ったことなんてありませんよ~。


シャトー・ラ・フォン・デュ・ベルジェ 2000

今日は東京も雪でした。本当に寒かったな~。雪


でも、最近雨が降らなくて乾燥がひどかったのでありがたい雪でした。


乾燥のせいで喉から風邪をひいてしまい、現在鼻が詰まっています。


今週末は、ワインなしかな~。香りがわからないと、ワインは美味しくないですよね。カゼ




先週末に飲んだワインです。それ程期待しないで買ったのですが、それを大きく裏切られました。叫び



Le tresor de l'ange


シャトー・ラ・フォン・デュ・ベルジェ 2000


エッジに赤の入る紫。ブルーベリーやブラックベリー、軽くスパイスの入る複雑な香り。


きめ細やかなタンニンと滑らかで豊かな果実味が、リッチな味わいと


ボリューム感を感じさせ、余韻も長いです。


10年の年月を経て現れ始めた熟成感は、とても上品で優雅です。


2000年ヴィンテージのワインの凄さを体験しました。今まさに飲み頃のワインだったと思います。


この日のお料理は、鶏肉とマッシュルームの梅酒クリーム煮です。



Le tresor de l'ange


梅酒で煮詰めるので、甘酸っぱいクリームがまろやかです。白いご飯に合わせたら、ドリアになります。



そしてワインにはチーズでゆっくりと、と思っていたのですが、


チーズを買い忘れ、近くのワインショップでウォッシュチーズを購入。



Le tresor de l'ange


プチ ルクロンです。



Le tresor de l'ange


これはウォッシュなのにクセが少ないものです。


私としてはもっとクセのあるチーズが欲しかったのですが、買い忘れたので、仕方ありません。




本日のエンゲルさん。


人間の食べているものが欲しくて仕方ありません。オヤツをつまんでいるフリをしてみました。



Le tresor de l'ange


それっ、エアーオヤツだっ!! パクッ!!



Le tresor de l'ange


何よっ!騙したわね!何もないじゃないの。


それじゃあ、ほらっ。



Le tresor de l'ange


今度はもらえたのかな~はてなマーク

CHATEAU LE MANOIR

今夜は月食ですね。三日月 今、月が赤くなっています。


今日はお天気が良いので、とても月が綺麗に見えますね。


月ってとても神秘的ですよね。


私は自分で、私のイメージは太陽よりも月だと思います。


そのせいか、月がとても好きなんですお月様


さっきからずっと月食を見ていますが、欠けるスピードってとても速いのですね。




先日飲んだ赤ワインです。



Le tresor de l'ange


CHATEAU LE MANOIR Cuvee Les Graves 2007


LALANDE-DE-POMROL アルコール度数13.5%です。


色は濃い赤紫です。香りは、黒い果実、タバコ、カカオ、胡椒などです。


味わいは、果実味が豊かで滑らか、タンニンと酸味が心地よく、後味にバニラの余韻を感じます。


余韻は長いです。しっかりとしていながら、とても滑らかなバランスの良いワインです。


このワインを購入した時、マルゴーのワインととても迷ったのです。


でも、マルゴーの男性的な力強さよりも、今回はこちらのワインのような滑らかさを取りました。


でも、迷ったマルゴーのワインもとても気になっているので、近いうちに買って来ようかな。


まだあるかな~目




こういう赤ワインには、やはり生クリームのソースを使ったお料理を合わせたくなります。



Le tresor de l'ange


性懲りもなく、またしても鶏ササミとホワイトソースの組み合わせです。


こういうお料理って、しっかりした赤ワインに本当に合うのですよね。


付け合せは、舞茸をジックリ焼いたものに、イタリアンパセリを混ぜたものです。



明日はまたお客様がありますので、先程パテ・ド・カンパーニュを焼いたところです。


今回は、ウズラの卵を中に入れてみました。


切ってみるのが楽しみです♪




Les Fiefs de Lagrange

今日テレビを付けていたら、森山良子さんの名前が出てきました。


森山良子さんと言えば、私が幼い頃母親が、ラジオから録音したと思われる


かせっとてぇぷの歌を繰り返し聴いていたのです。


中でも想い出の歌が「マリエ」です。


マリエは僕がこんなに愛しているのに、髪を乱して裸足で紫色の森へ駆けて行ってしまうのです。


幼かったアタクシは、何故僕がこんなに愛しているのにマリエが逃げていったのかがわからず、


母親に「どうしてマリエは森へ逃げたの?」と聞いたのです。


母親の答えはこうでした。「大人になったらわかるよ。」


それから、ウン十年。アタクシも大人になりまして。


だけど、あたしゃぁ未だにわからないだよ、おかーさん!!


森へ逃げたくなる位、アタシも愛されてみたいぜ!!おかーさん!!ガーン





今日は近所のお気に入りのワインショップで、セカンド特集をやっていました。


そして、Les Fiefs de Lagrange を3千円切る値段で購入して来ましたニコニコ



Le tresor de l'ange


Les Fiefs de Lagrange 2007年。私の大好きなボルドーメドック地区、SAINT-JULIEN村のワインです。



Le tresor de l'ange


葡萄は、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティ・ヴェルドです。アルコール度数13%。


色はグラスの底が見えない位濃い黒に近い紫。樽のような香りと、ブラックチェリー、カシス、フランボワーズなど


黒味がかった果実の香り。それにカカオや黒胡椒のような香りがあります。味わいには若々しい果実味があり、


まろやかで柔らかいです。余韻が長く、果実味とバニラやチョコのような甘みが口の中に残ります。


かなり満足出来る、ボルドーワインです。バランスが良いと思います。因みに、デキャンタージュはしています。


こちらに合わせたお料理。



Le tresor de l'ange


ラタトゥイユです。上に乗せたバジルが、フレッシュ完熟トマトとバッチリ合います。


煮込み野菜は、いくらでも食べられますね。ガーリックとオリーブオイルとトマトが、野菜の旨みを引き出して


味付けは、雪塩だけです。それでも、充分美味しいラブラブ


そして、メインにこちら。



Le tresor de l'ange


鶏ささみに雪塩とあらびき胡椒をすり込み、しばらく置きます。


フライパンにバターを溶かして両面を焼き、リンゴ酢大匙1、生クリーム半カップ、あらびき胡椒を更に入れて


混ぜます。お皿に入れて、生クリームのソースをかけるだけ。まわりの飾りらしきものは、ポテトを素揚げしたものです。


これがですね~、本当にボルドーワインにピッタリなんです。生クリームのコクと胡椒のスパーシー感。


そしてリンゴ酢のフルーティーな酸味が、ボルドーにはピッタリだって思います。


これぞマリアージュです。是非お試しあれ!!





本日のエンゲルさん。



Le tresor de l'ange


アンニョンハセヨー。チマチョゴリです。韓国へ行った方からのお土産です。



Le tresor de l'ange


華やかで可愛いです。本当に嬉しいお土産でしたニコニコ


ア、アタクシも着てみたい~あせる



刺繍も時間を見つけてチマチマと刺しております。今は、白糸刺繍のクリスマスキットに着手しております。


こちらも近日中にアップしますね。良かったら、見て下さいね。

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。