スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンサン・トリコの赤 2011

フランス、オーヴェルニュ地方の赤ワインを飲んでみた。

0727-1.jpg

Marie et Vincent TRICOT Vignerons
赤 2011
ピノ・ノワール100%  alc.13.5%

中程度の赤。

ビオっぽい香り。ちょっと青臭く、みそのような香りも。。。

味わいは、イチゴにタンニンが混ざったような不思議な味。
余韻に甘味がある。何とも表現しがたい。

以前、プリウレ・ロックのクロ・ド・ヴージョ 2004 を飲んだ時に印象が似ている。
青臭さや、オレンジジュースのような感じもある。

正直、初日は全く好みじゃない(汗)
翌日にキャリーすることにした。


2日目はフランボワーズの香りに変化。
バランスが良くなり、酸が出て来て綺麗なワインになった。
この日からは、ちゃんとピノ・ノワールらしくなった。

3日目も落ちることなく、美味しく飲めた。


0727-2.jpg
0727-3.jpg


初日は不思議な味わいで、一番美味しくなかった。
恐らく青臭さから来る印象が好みではないのだと思う。
2日目からグッと綺麗になり、美味しいと感じた。

初日に検証で半分近く飲んでしまったが、もっと残しておくべきだったな。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。