スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vereinigte Hospitien Riesling Spatlese 2003

エンゲル連れの旅行の帰り、疲れて甘いものが欲しくなった。アルコール好きの私はお菓子の買い置きをしないので、あいにく家で食べられそうなものがない。品川駅でGODIVAが目に入り買いたかったが、エンゲルを連れて店には入れない。

仕方ない、こんな時の為の甘口ワイン!ドイツのシュペートレーゼを開ける事にした。




Piesporter Schulertslay Riesling Spatlese
Vereinigte Hospitien
alc.9.0% MOSEL-SAAR-RUWER


濃いめのゴールド。

フルーツコンポート、クリームの香り。シーファー香やペトロール香も。

味わいは、かなり甘味はあるが酸が後からしっかり来るので、しつこくはない。ミネラルの苦味もある。疲れた身体に心地良い。

余韻は蜂蜜。




このワインは、ワインフェアで試飲して購入した。試飲した時の方が熟成して残糖が削ぎ落とされた印象だったが、このボトルは結構甘いなぁ~。しかもまだまだパワフル。

これはボトル差か?!それともバカ舌の勘違いか?!もっと寝かせたいなぁ…。

そうは言っても美味しい。2.5hで余韻がバニラっぽくなる。


2日目、酸が控えめになる。何だか薬用養命酒っぽい…。う~ん、たくさんはいらないから、次の日にキャリー。

3日目、残糖が少し控え目になり、飲みやすくなった。




甘口も難しいなぁ。確かにたくさん飲めるものではないからなぁ…。

う~ん、リースリングも難しい!!
何も考えないで飲んだら美味しいけれど、追求し始めるとなかなか納得出来なくなる。

ワインは知ろうとすればする程、よくわからなくなるようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。