スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラインドで驚き! NSG レザロ 1988 ルモリケ

今回は赤のブラインド。

エッジがほのかにオレンジがかったルビー。色が若々しい。粘性は高い。

赤い花や香水の香り。熟成による湿った香。しかし、ボーヌのような落ち葉や獣臭さがないので、これはニュイ。
香りではヴォーヌ・ロマネっぽいが、少し控え目。

味わいは、柔らかい果実味が豊か。タンニンと酸味が口の中に広がる。

これは、同じようなものを飲んだことがあるぞ。

ヴォーヌ・ロマネ寄りの畑付のニュイ・サン・ジョルジュ、90年代後半。しかしVTが難しい。色の若々しさの割には熟成感がある…。98位?




NUITS-ST-GEORGES LES ALLOTS
1988
Henri et Gilles REMORIQUET

レザロは1erではないヴォーヌ・ロマネに近い畑なので、そこだけは当たりだが…VTは大外れ。
88って… 予想より10年位違うし。

88でこんなに若いの?ルモリケって、すごい造り手だわ…。これ、プルミエだったらすごいんだろうなぁ。

88とは思えないしっかり感と若さ、パワフルさにビックリ。1.5hで土っぽさや湿った感が強くなり、NSGらしくなってきた。

しかし、色に騙されてはいけませんね。NSGの長熟ぶりを、改めて思い知らされました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。