スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外に美味しい シュロス リーザー リースリング カビネット 2011

トロッケンを買った気になっていたのだが、セラーから出したら、なんとカビネットだった。



SCHLOSS LIESER RIESLING KABINETT 2011
MOSEL Alc.8.5%

グリーンがかったレモンイエロー。グラスに細かい泡が付く。

香りはあまり立たず。黄りんご、シーファー香。

若い甘口など、飲めるのだろうか…酸の少ない2011だし…と思っていたのだが、これが意外に美味しい。

甘みはあるのだが酸味が心地よく引き締めていて、冷やして飲むとスルスルと入ってしまう。
レモンの砂糖漬けを思わせる。濃厚でコクがある。



2日目も落ちることなく、美味しい。
甘口でもアルコールが低いので、冷やして飲むとさわやかだと思う。



カビネットも美味しかったし、元々辛口を買ったはずだったので、トロッケンをネットでポチり済み。

この造り手、トロッケンはどんな感じなんだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リーザー、良い造り手ですよ

これでしたか、間違って甘口買われたというのは(笑)。
でもリーザーなら間違っても充分愉しまれたことと思います。
2011年産は辛口の場合、豊富なミネラルに対抗出来るだけの要素が無いためバランスに難のあるモノが多かったのですが、甘口の場合は甘味がこのミネラルとバランスを取ってくれるので却って良いヴィンテージになっているんだと思います。
リーザー(トーマス・ハーク)はとても素晴らしい造り手で、特に甘口にかけては定評がありますが、個人的には辛口でもモーゼル屈指の造り手だと思っています。2011年産の辛口はQbAなら、結構酸が良くてバランスがとれていたと思います。1年経ってどう変化しているかとても興味がありますね。(^^)

Re: リーザー、良い造り手ですよ

そうです、このワインです(笑)衝撃を受けたものの、飲んでみたら美味しくてビックリしました。
トーマス・ハークとフリッツ・ハークは、以前緑家さんにお勧めいただいて買ってみたのですが、
なるほど美味しいと思いました。自分で百貨店で買って飲んでみたものよりも、雑味が少くて造りが綺麗だと思いました。
甘口も美味しいものですね。特に熟成したものを試飲した時には、本当に美味しかったです。
逆に辛口は、早めに飲んでしまった方が楽しめる物が多いのかもしれませんね。今飲んでいるのが裾モノばかりだからかもしれませんが、熟成した辛口は美味しい物を見つけるのが大変かもしれないと思い始めました(-_-;)
プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。