スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丸東京 世界のワインフェア

先週のことですが、大丸東京の世界のワインフェアへ行って来ました。
今回のお目当ては、ドイツ、アルザス、ロワール辺りです。ブルゴーニュは若いものばかりだろうから、試飲だけかな~と思っていました。

会場では、まずドイツを一通り試飲しました。本当は、辛口を試したかったのですが、辛口はほとんどなく…orz

アルザスの大好きなマルク・テンペは、もちろん全ての品種を試飲。2009のリースリングは、近年まれに見るドライな出来だそうです。昨年飲んだ2008とは、かなり違います。もう少しふくよかさが欲しいかな。ピノ・グリやピノ・ブランの方が美味しかったです。

そして、ブルゴーニュ、ロワール、アルザスを散々色々試飲して、持ち帰ったワインは2本。



こちら、ブルゴーニュ白も今ひとつなVTの2003ですが、熟成により糖が削ぎ落とされ、余韻にキャラメルのような甘さを感じます。かなり好きなタイプです。あと、2、3年寝かせても良さそうな印象でした。



いつ飲もうかな♪ 楽しみです。


そしてもう1本は、予想に反してブルゴーニュ。



基本的に、ルロワなど一部のネゴシアン物を除いては、ネゴシアンには興味を惹かれません。
しかし、このネゴシアンは良いです。マコン地区から生まれたネゴシアンであるヴェルジェが造るワインは、ほとんどが白です。
このムルソーは、2007といえどもそれなりにいい熟成感と酸味があります。古酒好きの私でも、楽しめそうです。
こちらのマコンの2011も試飲しましたが、かなりバランスが良かったです。

安定感を感じるネゴシアンで、質の割に値段も良心的だと思いました。他のワインも飲んでみたいです。


話は変わりますが、本当に不思議に思うことがあります。



先日テ◯ダに12本ワインを送ったばかりなのに、何故既にセラーからはみ出しているワインがあるんだろう

これは、永遠の謎だわ…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。