スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RATZENBERGER Carpar R 2010 Riesling

最近ハマりつつあるリースリング。半辛口が飲みたくて、ワインショップで色々聞いて買って来たら、なんと甘口だった。
ボトルの裏側に書いてあるじゃないか

まぁ、甘口も時間かけてみたかったので、よしとしよう。


RATZENBERGER Caspar R 2010 Riesling BACHARACH
Mittelrhein

グリーンがかった薄目のイエロー。

開けたては、塾してないメロンや白桃の香り。ペトロール香や火薬の香りも。

口に含むと、まず甘味が来る。かなり甘いが、その後にかなりしっかりした酸とミネラルが来るので、甘味が気にならない。若干苦味も感じる。
残糖が高いせいか、余韻が長く感じる。爽やかさと蜜の余韻が心地良い。

この酸がなかなか良い。これ、酸がなかったらどうなるのだろう…?酸が無かったら、飲めないなぁ。

美味しいのだけど、時間が経つとエグみというか、コルクのような雑味が出て来た。これが残念。

2日目には、桃とメロンの香りが強くなり、シーファー香とハーブの香りも感じた。しかし酸が引いてしまったので、物足りなくなる。

3日目に検証飲みしようと、少し残してキャリーしたが、酸は復活せず下降気味。1日目は硬かったものの、酸が一番あったので美味しかったかな。


このワイン、酒石がすごかったです。





次こそは、半辛口を飲みたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アルコール度数

半辛口と甘口の差はあれど、さすがはangeさん、渋いチョイスですね(笑)。
ところでやっぱり解り難いですか?ドイツワイン。
基本的にインポーターの貼る説明ラベルは全然アテになりませんし、ショップの店員さんもよっぽどのマニアじゃなければインポーターの受け売りですから信用出来ませんよね。
でもドイツワインのラベルは、そこに情報が集約されていると言うほど詳しい情報があります。慣れればとても重宝するんですよ。
さしあたって、甘口・半辛口・辛口の区別はアルコール度数を参考にされるのがよろしいかと。例外もありますが、半辛口は10~11.5%ぐらいでしょうか。辛口は12%以上かな。でもたまに13.5%で半辛口ってのもありますけど。好い加減な話で申し訳ありません。<(_ _)>

Re: アルコール度数

ショップの方に色々聞きながら買ったので、半辛口だとばかり思っていました。
おっしゃるとおり、お店の方もドイツワインについては知らないことが多いみたいですね。
半辛口の割にアルコール度数低いなぁ・・・とは思ったのですが、確信はありませんでした(笑)

ドイツワインは今はエチケット見てもちっともわかりません。トロッケンや、シュペートレーゼ、アウスレーゼは
わかりますが、表記がないとどこになるのかがわかりません。慣れればわかるのですか・・・。
初心者用の簡単なドイツワインガイドの本か何かないかな~とネットで検索しましたが、
それらしいものは見つかりませんでした。

いつかわかるようになるのかしら(-_-;)
プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。