スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マコン・ミリィ・ラマルティーヌ 2010 コント・ラフォン

元々泡と白ワインが大好きなのだけれど、季節柄より一層その傾向が強くなる。
しかも、年々アルコール度数の低い物を好むようになってきている。
昔はアルコール度数が高くないと満足出来なかったのに、人間変わるものなのねぇ。


MACON-MILLY-LAMARTINE Clos du Four 2010
Les Heritiers du Contes LAFON

少し濃いめのイエロー。

柑橘系やアプリコット、ナッツ、蜂蜜の香り。抜栓してしばらくは、火薬の香りも。

味わいは、果実味の甘みと酸のバランスが良く、このクラスのワインとしては余韻が長い。

厚みとコクがあり、蜜の余韻。アルコール度数13%のボリューム感。

マコンと言えども、長熟な造りだと感じる。

2日目の2.5hで、やっとこなれて来た。
3日目でも落ちることのないしっかりとした造り。

しかし、最近はアルコール度数13%が高く感じてしまう。若いワインだと、そのアルコール度数をダイレクトに感じて飲み疲れてしまう。

若い白ワインだとリースリングと甲州に走り、ブルゴーニュは熟成したものを好むようになったのは、アルコール度数も関係しているのかもしれないなぁ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。