スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRITZ HAAG Riesling Trocken 2011

最近、リースリングの試飲会などにも参加し始めたのだけれど、なかなか自分の好みがわからない。

スッキリし過ぎていては物足りないし、甘過ぎるのも好きではない。
直接感じる甘さなのではなく、長い余韻の中に感じる甘みやふくよかさが欲しいと思う。すると意外と残糖が高く、更に酸味が強いものを求めてしまうような気がする。

やはり色々飲んで試してみないと。


FRITZ HAAG Riesling Trocken 2011 Q.b.a MOSEL

薄いイエロー。化学物質やアプリコット、火事の後?や火薬というのかな…少し焦げのような香りを感じる。

味わいは、酸味と甘味のバランスは悪くない。微発泡感あり。白桃や、余韻の甘味の中にりんご。苦味や石のようなミネラルも感じる。

もう少し酸があったらいいのになぁ。

2日目、酸が前日より出て来た。余韻の甘みも好きな感じに。少しミントの風味も。相変わらず焦げくさい。

これは美味しいなと思っていたら、ワインの印象が変化して味が引いてしまった。余韻も短くなってきた。

温度が上昇によるものだろうか?これではいかん、ととりあえずグラスを替えてみる。



左が白ワインやシャンパーニュによく使うグラス。右の小さいグラスに替えてみたら、味が復活。

結局2日目5hでかなりこなれて、なかなか好きな感じになった。余韻が伸び、バニラとキャラメルを感じた。

時間がかかるのは、若いからなのだろうか?他のリースリングでも、時間をかけて試してみたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シーファー土壌

好みって結構難しいですよね、その日の体調とか気分とかにも左右されますし。
でも基本、angeさんは酸なんですよね。私も同じです。(^^)

フリッツ・ハークですね、とても良い造り手ですよ。甘口ではドイツでも屈指の生産者で、辛口も素晴らしい物を出しています。
「焦げのような香り」というのは、恐らくシーファーという粘板岩土壌に育ったリースリングのひとつの特徴だと思います。モーゼル・ザール・ルーヴァー地方の畑は殆どこの土壌です。
もう少し酸があったらいいなぁ、って思いますよねやっぱり(笑)。
同じものを私も去年の6月に飲んでますが、やっぱり初日より2日後に飲んだ時の方が印象が良かったです。面白いですよね、ワインって。
でもそこで小さめのグラスに替えるところが凄いです、参考にしよっと。
また次のリースリング、楽しみにしております。(^^)v

Re: シーファー土壌

コメントありがとうございます。

そうなんです、体調や気分で好みって変わってしまいますよね。
それでも、やはり酸が重要ですね(笑)

シーファー香というものをよく他の方のブログで目にしていましたが、それがやはりこの焦げの香りなのですね。やっとわかりました。この土壌のワインには、この香りがするのですね。

このワインは雑味もなく、美味しいと思いました。
本当にあともう少し酸があればかなり美味しいですよね。
温度が上昇すると酸が弱まりダレがちになるので、小さいグラスに替えてみたら味が凝縮されたように感じました。
このグラス、リーデルのラインガウ用・基本甘口用なのかなと思いますが、酸の低いワインにはいいかもしれない、と思いました。

先日の世界のリースリングの試飲会では、残糖も酸も高いファインヘルプが美味しいと感じました。
このバランスが難しいのだと思いますが、色々飲んでみて自分の好みを見つけたいです。
プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。