スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツワイン会 後編

前回の続きです。

No.5
photo:01


Graacher Himmelreich Spatlese feinherb 2011
Markus Molitor(Mosel)
No.2と同じ。

中辛口のものって飲んでみたかったのです。甘過ぎるのかな…と思っていましたが、美味しくいただきました。メロンのニュアンスがありました。


ここから甘口です。
No.6
photo:02


Auslese 2008
Georg Breuer(Rheingau)
リューデスハイムの辛口の名手だがアウスレーゼ以上の甘口も造っている。

日本でもよく見かける、ゲオルク・ブロイヤーのアウスレーゼ。メロンケーキやフルーツコンポート。

No.7
photo:03


Urziger Wurzgarten Auslese 2010
Karl Erbes(Mosel)

ドイツらしい家族経営の小規模生産者でコストパフォーマンスに優れている。典型的な甘口に定評が。

これは、一口飲んでヤバイでしょう!と思いました。甘口なんて絶対に好きじゃないと思っていましたが、これが本当に美味しい。甘いのですが、2010VTの酸の強さとのバランスが非常に良かったです。ペトロール香もかなりある、いかにもリースリングといった甘口でした。
甘口もいいものですね…


photo:04


photo:05




次回はお料理編です。





iPhoneからの投稿
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。