スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンボール・ミュジニー 2007 アラン・ユドロ・ノエラ

予想はしていたものの、久しぶりのガッカリワイン。

photo:01



Chambolle-Musigny 2007
Alain Hudelot-Noellat


オレンジの入ったガーネット。綺麗な色です。

香りはプラムや赤いドライフルーツ。酸味を感じる香りや、マヨネーズも。

味わいは、アタックは柔らかいが酸味が強く、透明感があり、こなれたタンニン。バナナや熟した果実の余韻。ダシ系で陰性の味です。

確かに綺麗なワインではあるが…、何しろ弱い。香りはいいけれど、味が薄く旨味に欠ける。出涸らしのダシのよう…。

1時間でタンニンが出て、茎などの青臭さとなめし革の香りが出てきた。

2日目には、人工的なフルーツガムの香りがして、いよいよ出涸らしに。

3日目には持ち直したが、伸びや広がりのない弱いワインでした。

photo:02



弱すぎる…。香りだけだった…。
リピはもちろんありません。

要注意造り手リストに追加。






iPhoneからの投稿
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。