スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンチベルグ・リースリング・グランクリュ 2006

それにしても、今年の寒さは異常ですよね!
足の指全てに霜焼けが出来て、痒くてヨガに集中出来ません。

心頭滅却すれば火もまた涼し、という言葉はありますが、痒いものは痒いです!!


飲んだワインに、ブログが追いついていませんが、最近リースリング熱も再発です。

photo:01



MOENCHBERG RIESLING GRAND CRU 2006
DOMAINE REMY GRESSER

ビオディナミ実践の生産者です。

香りは非常に華やかで、ゲヴュルツトラミネールを思わせます。ライチよりは黄リンゴなのですが、何か艶やかさがあります。更にビニールやセメダインぽい化学物質を感じます。

味わいは、残糖感をかなり感じます。甘いです。[みんな:01]フルーツの砂糖漬け、桃のコンポート。一番イメージしてしまったのは、フルーツをジャリジャリと砂糖に漬け込んだ物が、頭に浮かんで来ました。

余韻に、蜂蜜、甘栗、芋焼酎。

酸味がある為に、品はあります。しかし、初日は残糖が強過ぎてケバケバしい印象であったのは、正直なところです。

翌日甘さが少し引き、酸味が前面に出てきた為、初日よりもいい感じに。
2日目に天ぷらを揚げたのですが、天つゆに使った白だし汁の甘さにピッタリ。[みんな:02]こんなところでマリアージュなんて、ビックリでした。

リースリングは、和食に合うと思います。残糖をかなり感じても、酸味が強いので、そこが良いです。ドイツリースリングの方が酸味が強いので、より和食向きな気がします。日本の甲州と共に、毎日の和食の食卓にあわせやすいと思います。

でもアルザスリースリングは、グランクリュは甘いので、却ってお手頃価格の物の方が好みだったりします。

最近は、ブルゴーニュに近い位、リースリングにもアンテナを張っているのでした。目





iPhoneからの投稿
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。