スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KELLER RIESLING RHEINHESSEN 2009

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。鏡餅

昨年はハンドメイド記事がほとんどアップ出来ませんでしたが、今年はアップ出来るように頑張るのが目標です。




今年最初に飲んだのは、ドイツのリースリングです。

photo:01



KELLER RIESLING TROCKEN 2009
RHEINHESSEN

ゴールドがかった黄色。グラスの底に泡が付きます。粘性も高い。

レモンなどの柑橘系の香りと、白い花、ケミカルな香りもあります。

口に含むと、果実味豊でふくよかな甘み、それをレモンのような酸味がビシッと引き締めています。ミネラルも感じます。

余韻に感じる蜂蜜が、非常に魅力的です。

2日目には、甘みが抑え気味になり、全体的に落ち着いた印象です。

photo:02



実はドイツの白ワインは、15、16年前にワインを飲み始めた頃によく飲んでいました。その頃は、男性的なフランケンワインばかりでした。

最近リースリングが非常に飲みたくなり、アルザスのものをよく飲みますが、再びドイツワインにも興味が出て来ました。

ドイツワインは甘みもありますが、酸味もかなりしっかりしているので、かなり好み[みんな:01]なのです。

でも、甘口よりは辛口好みです。

しばらく、白ワインに走りそうな予感がします。ベル






iPhoneからの投稿
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。