スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004って…?

ディナーには一度しか伺ったことがないのですが、ランチに何度も足を運んでいるビストロがあります。
グラスワインをあれこれ頼んでいるうちに、すっかり店長の男性に覚えられ、今ではサービスで面白いワインを色々飲ませてもらっています。[みんな:01]

先日も、サービスで面白いワインをいただきました。

photo:01



Pouilly Fume ですが、こんなの初めて! ビオのせいもあり、色が非常にスモーキー。そして、香りが芋なんです。さつま芋。辛口シェリーや芋焼酎のような味わい。しかし、甘い余韻が長く続きます。時間の経過と共に、更に甘い後味が口の中に広がります。

珍しいワインでした。


そして本題です。

メニューの中では、グラスの赤はACブルゴーニュが一番良さそうでしたが、同じ値段で出していただいたワイン。

photo:02



Vosne Romanee 1er Cru Les Suchots 2004

Domaine Rene Cacheux

エッジにレンガが入り香りはドライいちぢく、湿った葉。熟成はそれ程は進んでいる感じではなく、酸味がきっちりありました。
骨格、複雑味、奥行きは控え目でしたが、やはり香りの広がり方が1er だなぁとしばらく喜んで飲んでいたら、突然下降してしまいました。
膨らんだ風船がいきなり萎んだように変わってしまい、力強さは無くなりカビ臭くなりました。[みんな:02]

半日程前に店長が遊びで開けたものだったらしく、空気は抜いていなかったらしいのですが、それでもこれは下降し過ぎのような…。

よく行くワインショップでも、2004は造り手を選んで早目に飲むように言われますが、そのせい…?

未熟者の私にはわかりませんが、やはり美味しかったVTはお気に入りになってまた飲みたくなるし、失敗すると手が伸びなくなります。

90年代では、96、99、新しいところでは、07で当たりを飲むことが多いです。

やはり04は難しいのでしょうか?

未熟者ゆえ、わかりませぬ。もっともっと修行をしなければ…



iPhoneからの投稿
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。