スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les Fiefs de Lagrange

今日テレビを付けていたら、森山良子さんの名前が出てきました。


森山良子さんと言えば、私が幼い頃母親が、ラジオから録音したと思われる


かせっとてぇぷの歌を繰り返し聴いていたのです。


中でも想い出の歌が「マリエ」です。


マリエは僕がこんなに愛しているのに、髪を乱して裸足で紫色の森へ駆けて行ってしまうのです。


幼かったアタクシは、何故僕がこんなに愛しているのにマリエが逃げていったのかがわからず、


母親に「どうしてマリエは森へ逃げたの?」と聞いたのです。


母親の答えはこうでした。「大人になったらわかるよ。」


それから、ウン十年。アタクシも大人になりまして。


だけど、あたしゃぁ未だにわからないだよ、おかーさん!!


森へ逃げたくなる位、アタシも愛されてみたいぜ!!おかーさん!!ガーン





今日は近所のお気に入りのワインショップで、セカンド特集をやっていました。


そして、Les Fiefs de Lagrange を3千円切る値段で購入して来ましたニコニコ



Le tresor de l'ange


Les Fiefs de Lagrange 2007年。私の大好きなボルドーメドック地区、SAINT-JULIEN村のワインです。



Le tresor de l'ange


葡萄は、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティ・ヴェルドです。アルコール度数13%。


色はグラスの底が見えない位濃い黒に近い紫。樽のような香りと、ブラックチェリー、カシス、フランボワーズなど


黒味がかった果実の香り。それにカカオや黒胡椒のような香りがあります。味わいには若々しい果実味があり、


まろやかで柔らかいです。余韻が長く、果実味とバニラやチョコのような甘みが口の中に残ります。


かなり満足出来る、ボルドーワインです。バランスが良いと思います。因みに、デキャンタージュはしています。


こちらに合わせたお料理。



Le tresor de l'ange


ラタトゥイユです。上に乗せたバジルが、フレッシュ完熟トマトとバッチリ合います。


煮込み野菜は、いくらでも食べられますね。ガーリックとオリーブオイルとトマトが、野菜の旨みを引き出して


味付けは、雪塩だけです。それでも、充分美味しいラブラブ


そして、メインにこちら。



Le tresor de l'ange


鶏ささみに雪塩とあらびき胡椒をすり込み、しばらく置きます。


フライパンにバターを溶かして両面を焼き、リンゴ酢大匙1、生クリーム半カップ、あらびき胡椒を更に入れて


混ぜます。お皿に入れて、生クリームのソースをかけるだけ。まわりの飾りらしきものは、ポテトを素揚げしたものです。


これがですね~、本当にボルドーワインにピッタリなんです。生クリームのコクと胡椒のスパーシー感。


そしてリンゴ酢のフルーティーな酸味が、ボルドーにはピッタリだって思います。


これぞマリアージュです。是非お試しあれ!!





本日のエンゲルさん。



Le tresor de l'ange


アンニョンハセヨー。チマチョゴリです。韓国へ行った方からのお土産です。



Le tresor de l'ange


華やかで可愛いです。本当に嬉しいお土産でしたニコニコ


ア、アタクシも着てみたい~あせる



刺繍も時間を見つけてチマチマと刺しております。今は、白糸刺繍のクリスマスキットに着手しております。


こちらも近日中にアップしますね。良かったら、見て下さいね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。