スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンサン・トリコの赤 2011

フランス、オーヴェルニュ地方の赤ワインを飲んでみた。

0727-1.jpg

Marie et Vincent TRICOT Vignerons
赤 2011
ピノ・ノワール100%  alc.13.5%

中程度の赤。

ビオっぽい香り。ちょっと青臭く、みそのような香りも。。。

味わいは、イチゴにタンニンが混ざったような不思議な味。
余韻に甘味がある。何とも表現しがたい。

以前、プリウレ・ロックのクロ・ド・ヴージョ 2004 を飲んだ時に印象が似ている。
青臭さや、オレンジジュースのような感じもある。

正直、初日は全く好みじゃない(汗)
翌日にキャリーすることにした。


2日目はフランボワーズの香りに変化。
バランスが良くなり、酸が出て来て綺麗なワインになった。
この日からは、ちゃんとピノ・ノワールらしくなった。

3日目も落ちることなく、美味しく飲めた。


0727-2.jpg
0727-3.jpg


初日は不思議な味わいで、一番美味しくなかった。
恐らく青臭さから来る印象が好みではないのだと思う。
2日目からグッと綺麗になり、美味しいと感じた。

初日に検証で半分近く飲んでしまったが、もっと残しておくべきだったな。



スポンサーサイト

Cuvee Escargot 2011 Marie et Vincent TRICOT

最近人気のある、フランスオーヴェルニュ地方の白ワインを飲んでみた。




Cuvee Escargot 2011
Marie et Vincent TRICOT
シャルドネ 100% alc.13.5%


中位のゴールド。

桃やメロン、トロピカルフルーツの香り。

味わいは、丸みのあるしなやかで優しい果実味。酸味と苦味のバランスが良い。
これ美味しいな。余韻に干しぶどうやアズキ、カラメル。

しかし、時間の経過と共に平凡な印象に…。そしてalc.13.5%が、今の私には強過ぎて飲み疲れする。

これは、翌日以降にキャリーすべき。変化に期待。
3日目にして良くなった印象。余韻の、お汁粉のような甘みが美味しい。バランス良く、美味しいワイン。

しかし、やはり若いシャルドネ。アルコール度数の高さもあり、飲み切るのに結局3日間かかってしまった。私には、冬向きワインかも。





これ、熟成させたらどうなるんだろう。

キュヴェ フォスティーヌ ロゼ 2010 コント・アバトゥッチ

ロゼ・シャンパーニュとエスニック料理の組み合わせが気に入ってしまい、またロゼを飲んでみました。

photo:03


CUVEE FAUSTINE ROSE 2010
ドメーヌ・コント・アバトゥッチ

スキアカレッロ 100%
コルシカ島

所有する山丸ごとビオディナミの畑より造られるロゼ。私は、この品種は初めてだと思います。


外観はピンクゴールド。ちょうどティファニーのルベドメタルの色と同じです。

香りは、グレープフルーツ、白い花の爽やかさ、ナッツやバターのコク、檜など。

味わいは、柔らかいアタック、酸味がしっかりしていて、グレープフルーツの皮の苦味が口の中に広がります。余韻は長めで、上品なミネラルがあります。熟成しても、美味しいのではないかと思います。素晴らしい味わいでした。


photo:02


ヤム・ウン・セン(タイ風春雨サラダ)を合わせてみました。ロゼとエスニック料理は、マッチしますね。[みんな:01]











iPhoneからの投稿

CHATEAU LES ORMES DE PEZ 1990

久しぶりのボルドーワインです。

photo:01



CHATEAU LES ORMES DE PEZ 1990
SAINT-ESTEPHE

基本的に、ガッツリと濃いワインは苦手です。ボルドーも熟成したものの方が好きです。しかし、このクラスで20年以上経っているので、どうかな~と思いながらの抜栓です。

外観は、くすんだガーネット。香りは、腐葉土、なめし革、ミルクのようです。

味わいは、アタックに鋭い酸がありました。タンニンはあまり感じず、とてもまろやかです。時間の経過と共に酸味は落ち着いて来ました。

かなり進んだ印象です。もうちょっと前に飲んだ方が良かったな。[みんな:01] 果実味がもうちょっと残っている時の方が美味しいだろうな~。
旨味が抜けかけていて、パワーも落ちています。[みんな:02]


ボルドーワインだったのですが、もう弱いことを想定して作ったお料理です。

photo:02



チキン、野菜、キノコをハーブとオリーブオイルでマリネしておき、オーブンで焼きました。

これ位のお料理で、ちょうど良い感じでした。ナイフとフォーク



iPhoneからの投稿

久しぶりのボルドーワイン

最近早起きして、すぐに3階のバルコニーに出ます。東の方向を向いて太陽に向かってヨガの太陽礼拝を行います。
おかげで、心身共に清々しい一日を過ごせます。ご近所の方に見られていたら、怪しいことこの上ないのですが…[みんな:01]


週末にすき焼きパーティーをしました。すき焼きに合わせて、久しぶりにボルドーワインを選びました。

photo:01



CH Joanin Becot 2007

カベルネ・ソーヴィニヨン 75%
カベルネ・フラン 25%

COTES DE CASTILLON のワインです。造り手が女性の為か、非常に柔らく上品なワインです。

濃い紫色、エッジにピンクが入ります。ブラックベリーやカシスなどの黒い果実の香り。チョコやスパイスのニュアンスもあります。
非常に柔らかい口当たりで、タンニンが柔らく、酸味が全体を品良くまとめています。

果実味の豊かな嫌味のない味で、非常に美味しかったので、4分の3は自分で飲んでしまいました。

最近、ボルドー、特に若い物は固いし重いし、であまり飲みたくないと思いがちですが、このワインはとても美味しかったです。気軽に家飲みするにはピッタリで、かなり満足感があると思います。

たまには、シャンパーニュやブルゴーニュ以外もいいものですね。[みんな:02]


iPhoneからの投稿
プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。