スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルザスリースリング・グランクリュ

アルザスリースリングの試飲をしました。4本全てグランクリュの畑です。




トラペ ペール エ フィス グランクリュ シュロスベルグ 2008

洋梨の香り。少し納豆みたいな香りも…。酸味、甘みのバランスが良く、余韻に蜂蜜を感じる。
いわゆる典型的なアルザスリースリングとのこと。4本の中で一番好みのワインだった。




ヒューゲル ジュピリー 2007 シェーネンブルグ

こちらは、酸味とミネラル感をかなり感じる。化学物質のニュアンスがかなりある。2007は、アルザスリースリングの良いVTというのもあるかもしれないが、まだかなり硬いと感じた。




シャトー ドルシュヴィール グランクリュ ケスラー 1999

ペトロール香がかなりある。非常にドライな辛口。以前この造り手の97のものを飲んだ時と同様に、ビオビオした感じがある。




ヒューゲル ヴァンダンジュ・ダルディヴ 1988 シェーネンブルグ

凝縮したペトロール香。果実味が豊かで酸もしっかり。スモーキーな印象。余韻がかなり長い。
良い生産者にだけ表れるという、土地の石灰による硫黄のような香りがある。これは、ドイツモーゼルのシーファー香に近かった。

シェーネンブルグは長熟の畑とのことだが、リースリングという品種の長熟さを思い知らされた。88でさえまだまだ若く、あと10年位寝かせたい。果実味と酸のフレッシュさに驚いてしまった。





最近世界的に人気が出ているリースリング。色々な食事にも合わせやすく、若くても熟成しても美味しいので、人気が出て来ている理由がわかる。日本ではあまり人気はないみたいだけれど、私は今一番注目している品種です。
スポンサーサイト

RIESLING ELLENWIHR 2010 EBLIN FUCHS

こちらもアルザスのリースリングです。

photo:01



RIESLING ELLENWIHR 2010
DOMAINE EBLIN FUCHS

アルザス地方ツェレンベルグで、有機栽培に力を入れているドメーヌです。

熟した蜜リンゴの香り。ペトロール香。

リンゴや蜜などを感じる豊かな果実味と、酸味が充分あります。ミネラルも。余韻にはちみつ。

ナチュラルで優しいスタイルです。

先日飲んだメンチベルグのGRAND CRU よりも、残糖が控え目でこちらの方がクリーンなイメージです。和食に非常に合います。

確かにGRAND CRU の方がスケールの大きさや、余韻が長いのですが、それに伴って甘みがかなり強くなります。私には、これ位の方が好ましいです。

VTとしては、2010位の方が酸味があるので、飲みやすいそうです。目

私のような酸好きの場合はですが…[みんな:01]



iPhoneからの投稿

メンチベルグ・リースリング・グランクリュ 2006

それにしても、今年の寒さは異常ですよね!
足の指全てに霜焼けが出来て、痒くてヨガに集中出来ません。

心頭滅却すれば火もまた涼し、という言葉はありますが、痒いものは痒いです!!


飲んだワインに、ブログが追いついていませんが、最近リースリング熱も再発です。

photo:01



MOENCHBERG RIESLING GRAND CRU 2006
DOMAINE REMY GRESSER

ビオディナミ実践の生産者です。

香りは非常に華やかで、ゲヴュルツトラミネールを思わせます。ライチよりは黄リンゴなのですが、何か艶やかさがあります。更にビニールやセメダインぽい化学物質を感じます。

味わいは、残糖感をかなり感じます。甘いです。[みんな:01]フルーツの砂糖漬け、桃のコンポート。一番イメージしてしまったのは、フルーツをジャリジャリと砂糖に漬け込んだ物が、頭に浮かんで来ました。

余韻に、蜂蜜、甘栗、芋焼酎。

酸味がある為に、品はあります。しかし、初日は残糖が強過ぎてケバケバしい印象であったのは、正直なところです。

翌日甘さが少し引き、酸味が前面に出てきた為、初日よりもいい感じに。
2日目に天ぷらを揚げたのですが、天つゆに使った白だし汁の甘さにピッタリ。[みんな:02]こんなところでマリアージュなんて、ビックリでした。

リースリングは、和食に合うと思います。残糖をかなり感じても、酸味が強いので、そこが良いです。ドイツリースリングの方が酸味が強いので、より和食向きな気がします。日本の甲州と共に、毎日の和食の食卓にあわせやすいと思います。

でもアルザスリースリングは、グランクリュは甘いので、却ってお手頃価格の物の方が好みだったりします。

最近は、ブルゴーニュに近い位、リースリングにもアンテナを張っているのでした。目





iPhoneからの投稿

驚きのマルセル・ダイス

アルザスのリースリングも、大好きなワインです。

photo:01



MARCEL DEISS RIESLING 2010


このワインが、もう本当に驚きでした。スタンダードで、ここまで次元の違いを感じ取れるなんて、そうそうないのではないかしら…ショック!


photo:02



輝きのある黄金色。グラスに注いだ瞬間に溢れ出す、桃のコンポートや蜂蜜の濃厚な香り。白い花のような華やかな香りと、グレープフルーツのニュアンスも。

グラスの中でトロリとする濃厚さにビックリ!芳醇な香りが本当に印象的です。

口に含むと、熟したリンゴやトロピカルフルーツの果実の甘みを酸味が引き締め、ミネラルが深い味わいにしています。

時間がたつと、キャラメルやニッキのような味が出て来ました。驚く程余韻の長い、蜜、蜜、蜜!!なワインでした。

photo:03



2日目は蜜リンゴが強くなり、華が抑え気味になりましたが、やはり余韻の長さは驚く程でした。


photo:04



ボリュームがすごいので、ワインの魅力を最大限引き出そうと、グラスを色々替えてみました。

1日目は一番左のチューリップ型のブルゴーニュグラス、2日目は一番右の大きめの白ワイングラスが良かったです。


グラン・クリュになると本当に別格で、食事と一緒でないと甘みを感じ過ぎる程、と聞いた事があります。試してみたいです。[みんな:01]


嫌な事があって凹み気味ですが、週末からお外ワイン予定が詰まっているので、それを楽しみに頑張ります。[みんな:02]

iPhoneからの投稿

MARC TEMPE RIESLING

今日は健康診断の日です。午前中は水も飲めません。

この日に向けて、ワインを3日も抜いたぞビックリマーク (たかだか3日じゃ意味ない…)
そうかと思えば、昔、健康診断だからしばらくアルコール控えないとと言ったら、同僚男性に「ありのまま受けないと、意味ありませんよ。」と言われたことがある…。


最近コクのある白も大好きになり、リースリングも気になります。
先日飲んだワインです。

photo:01



DOMAINE MARC TEMPE
RIESLING ZELLENBERG 2008

MARC TEMPE は、フランスで最も強い影響力を持つレストランガイドのゴー・ミヨの4ッ星生産者です。ビオディナミです。

photo:02



グラスに注いだ途端、おぉ~と思う位の濃い黄金色。粘性も高いです。
香りは、柑橘系の中に、熟したリンゴを感じます。ふくよかな香りです。

期待MAXで飲んでみました。リースリングらしい酸味がきっちりとあり、熟したリンゴとミネラル感、余韻には蜂蜜や甘栗などを感じ、ふくよかでコクがあります。

この甘味が、ベタついたり嫌らしくならないのは、酸味が上品に引き締めているからです。

photo:03



これは、美味しかった。このふくよかさ、コクならコスパいいと思います。
満足、満足。[みんな:02]
お家でお一人様ムルソーやモンラッシェはなんだか寂しいけれど、このリースリングならお一人様OKですね。OK

最近、家飲み用のワインにアタリが多いです。[みんな:01]

お家でリースリングも気に入りました。セラーに余裕があれば、買い集めるんだけどなぁ~[みんな:03]


iPhoneからの投稿
プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。