スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩の原ワイン 深雪花

最近の暑さで、特筆すべきワインは飲んでいません。酎ハイも多いです。
夏は、しみじみと飲むワインは重たく感じてしまいます。

そんな中、日本ワインを色々試してみましたが、香りが苦手!とハズしまくっていました。しかし、美味しいワインに出会いました。



岩の原ワイン 深雪花(赤)
マスカットベリーA alc.12%

果実味による、華やかなジャムっぽい香りと味。樽熟成によるロースト香。穏やかながらもタンニンを感じ、バランスがなかなか良い。このマスカットベリーAは、OK。余韻にはカラメル。



大好きな四恩醸造のワインに共通する何かがある。乳酸菌飲料っぽさと、余韻がいい。



これはありだな♪
スポンサーサイト

四恩醸造 クレマチス 橙 2012

あまりの暑さに手に取ったペティアン。




四恩醸造 クレマチス 橙 2012
甲州種 alc.11.5%
(ペティアン)

甲州種だが、サーモンピンク色。

リンゴの香り。メロンやバナナ、トロピカルフルーツの香りもある。

口に含むと、意外に発泡が強くドライな印象。
まずしっかりした苦味を感じ、その後にリンゴの果実味と酸味が続く。

タレを絡めた、鶏の唐揚げにピッタリ。いわゆる日本のタレに合うんだと思う。




二日目の方が、若干開いたか。それ程は変化なし。
余韻のリンゴと水飴の甘みが、ホッとする優しさ。




やっぱり美味しい、四恩醸造。

農楽蔵 nora pon effervescent 2012

ついついジャケ買いならぬ、エチケット買いした日本のペティアン(発泡ワイン)



農楽蔵 nora pon effervescent 2012
品種:北海道乙部町産ザラジェンジェ
alc.11%

薄いイエロー。グラスに注ぐとクリームソーダのような泡が立つ。

柑橘系の乳酸菌飲料や熟した赤リンゴの香り。

味わいは、柔らかいリンゴのような果実味や、乳酸菌飲料。ヨーグルトドリンクっぽくもある。酸味はきちんとある。

余韻に少し水あめを感じる。

爽やかでホッとする味わい。最近、こういうワインを飲むと癒されるし、安心する。ビールさえ飲まず、ワインしか飲まない私には、ある意味ビール感覚なのかもしれない。

時間の経過と共に、少し力強さが出てきてコゲやカラメルのニュアンスを感じるようになった。

美味しいな、これ。

ワインでも普通の和食によく合う。やはり日本ワインならではか?野菜の甘酢漬けとか、ワインには合わなそうないただきものの上等の明太子を食べていたが、これが大丈夫で。何だか日本酒感覚。

最近こういう日本ワインを飲むと、日本に生まれて良かったと思う私です。


エチケットが可愛いの、これ。



キツネと



クマが、カエルやウサギとお花見宴会してる。

な~んか楽しそうで、思わず買ってしまった。

中身も美味しいペティアンでした

四恩醸造 瑞雲(ロゼ) 2012

大好きな四恩醸造から、甘口ロゼを。



四恩醸造 瑞雲(ロゼ) 2012
巨峰 alc.12%


薄いサーモンピンクで、本当に僅かに微発泡あり。

甘いトロピカルフルーツの香り。

味わいは、豊かな果実味の甘さがあるが、爽やかさがありしつこくないのでスルスル飲めてしまう。甘さも強過ぎず、葡萄の皮のような苦味がある。

長~い水飴のような余韻が、翌日まで口の中に残りそう。
四恩醸造のワインは、酸は高くないのだが、苦味がバランスを取っている。

バナナやトロピカルフルーツ、紅茶キャンディー、バニラのようなニュアンスもある。これが、意外に小松菜のお浸しのような純和食に合ってしまう。

ここのワインはどれも似たような味わいではあるけれど、何を飲んでも美味しい。何か見つけたら、即買いしておくべきワイン。すぐに売り切れになってしまうし…。






四恩醸造のワインは、綺麗な小さな瓶に入った金平糖をかじった時のように、ワクワクして、そして懐かしいようなほのぼのとした気持ちにさせてくれる。

宝水ワイナリー RICCA 冬の系譜 ケルナー 2012

実はケルナーも飲んだことがなかった。先日のデラウェアと一緒に購入したもの。




北海道岩見沢 宝水ワイナリー
RICCA 雪の系譜 ケルナー 2012
alc.12% ケルナー100%

デラウェアがゴールドなのに対し、ケルナーはシルバー。

2012だからというのもあるだろうが、本当にフレッシュ。洋ナシや白桃かわ香り高い。

味わいは、最初から果実の甘味のボリュームがあり、レモンのような柑橘系の酸が強く、酸性人としては好きなバランス。
余韻の水飴といい、ボリュームがすごい。金属系のミネラルあり。

これ、私が好きなタイプの若いドイツリースリングに似ている。ドイツPFALZのリースリングの新酒2012もこんな感じだった。

キリッと辛口ながら、白桃のふくよかさ、余韻の水飴、酸が引き締めることによる品。これは、好きだな~。
本当に酸味、甘味、ボリューム感のバランスが良い。

時間の経過とともに、火薬の香りが出てくる。しかし、本当に桃だ~。

2日目にキャリーしたら、ボリューム感が引いた為か少し落ちた感じはある。酸味が目立つが、余韻の甘味は良い。でも、初日の方が断然良かったかな。

ケルナーもなかなか美味しい。
プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。