スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムルソー飲み比べ

少し前に飲み比べたムルソー。

0718-10.jpg

PHILIPPE DELAGRANGE 2000

薄いゴールド。

白い花、蜜、こげたカラメル、樽香。

優しいアタック、酸はやわらかくアフターに伸びる蜜のコク。

果実味もしっかり。

1hでナッティで香ばしくなった。


0718-13.jpg

VERGET 2007

中位のゴールド。

白い花、蜜の香り。

果実味はしっかり、でも熟成感はそれなりにある。

酸がしっかりして、余韻はそれ程長くはないが蜜の甘味を感じる。


0718-7.jpg

2007は開くのに時間がかかった。

2000は、ムルソーの本当に美味しいVTだと思う。


最近、ブルゴーニュはご無沙汰だなぁ。。。
スポンサーサイト

AUXEY-DURESSES 2008 Agnes Paquet

ブルゴーニュの女性の造り手のワイン。


0721-1.jpg

AUXEY-DURESSES 2008 Agnes Paquet
Alc.13%

中位のイエロー。

洋梨やマンゴー、蜜のような香り。

味わいは、果実味がタップリ。酸もしっかりとして好ましく、苦味もある。
余韻にキャラメルや蜂蜜。

時間が経つと、酸味が立ち、若さゆえのキツさも気になってきてしまった。
これは、翌日にキャリー。

翌日は全体的に少しまろやかになった。余韻の蜜が長く、ふくらみのあるワイン。


0721-2.jpg

Agnes Paquetもお勧めの造り手。酸がしっかりとしたふくらみのあるワイン。
そして品がある。

私は、女性の造り手とは相性が良いようだ。

ピュリニー・モンラッシェ 1999  Potinet Ampeau

前回のシャサーニュと飲み比べしたピュリニー・モンラッシェ。

0718-2.jpg

ピュリニー・モンラッシェ 1999  Potinet Ampeau
alc.13.5%


中程度のゴールド。

少し納屋っぽいような藁のような香り。べっこう飴や白い花。

かなりしっかりした果実味があり、まだまだフレッシュで若い。
余韻のフレッシュな甘味もしっかりある。

印象的なのが、アタックの酸。苦味は弱いのだが、アフターに出てくる。
このワインの特徴は、酸と甘味。

1.5hで少し開いてきたが、まだまだ硬いのでお店に無理を言って
翌日に持ち越させてもらった。

2日目は、果実味がグッと落ちて古酒っぽくなった。
そうそう、これよ、これ!!
余韻にキャラメルのような甘さが長く続く。ピュリニーらしい酸の強さもしっかり。
これは、絶対に2日目の方が好み。

ただ、若いものが好きな人、古酒はあんまりっていう人には
初日の方が美味しくて、2日目は落ちてしまったように感じると思う。
私にとっては、この落ちたような古酒の味がワインの醍醐味なのだ。

シャサーニュとピュリニーの違い?
造り手もVTも違うので、比べること自体が間違っていたのだと思う。
しかも、シャサーニュの方の造り手はかなりしっかりしていたので。。。
アンポーが可哀想だったようだ(泣)
それでも、私はアンポーの2日目がとても好みだった。
なんて貧しい舌なんだろうと思うが、これが私の感覚なのだから仕方がない。

アンポーは好きな造り手。アンポー、集めたくなってしまうなぁ。

シャサーニュ・モンラッシェ 1997   ミシェル・コラン・ドレジェ

シャサーニュとピュリニーの違いがわかるか試したくて同時に飲んでみた。

今回はシャサーニュについて。

0718-1.jpg

シャサーニュ・モンラッシェ 1997   MICHEL-COLIN-DELEGER


濃い麦わら色。

べっこう飴や梅の香り。

97だが、かなり古酒のニュアンスがある。

味わいは、ナッティーで落ち着いた果実味、酸味と苦味をしっかりと感じる。
余韻にバターのコクや甘味がある。
かなりしっかりとした、ふくよかなボディの白古酒。

3hでまろやかになり、非常に美味しくなった。
酸がはっきりと出て、余韻の甘味とのバランスが非常に良い。

この古酒のニュアンスはとても好きな感じ。
ただかなりパワーのある造り手のようで、本当にしっかりとしていた。
私には、もうちょっと繊細なものでも良いかな~と思う。

BOURGOGNE PINOT NOIR (ROSE) 2009 David Duband

若いうちから美味しい David Duban。百貨店で、珍しいロゼを見つけたので飲んでみた。




BOURGOGNE PINOT NOIR 2009
David Duband

ロゼとしては薄目のサーモンピンク。

火薬、火打石、ミネラルの香り。

チェリーのような果実味は豊かだが、余韻の酸と苦味が引き締めている。マルサネ・ロゼなんかよりもエキスの凝縮感がある。しっかりとしてふくよかなワイン。ピノ・ノワールらしさも感じる。

時間の経過と共に、野いちごのニュアンスが出てきた。
冷やしながら飲むと、美味しい♪




このワイン、本当にコスパが良いと思う。気軽に満足感を得られるのは、David Duban ならでは。いいね~、このロゼも。
プロフィール

ange

Author:ange
ワインが大好きです。
特にシャンパーニュとブルゴーニュ好きです。
備忘録として、日々飲んだワインの感想を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。